槇原さんの主題歌「FALL」も良い曲ですね

このドラマはほんとに綾瀬はるかがかわいい。そして福士蒼汰がかっこいい。一人で見ていてキュンキュン・ニヤニヤが止まりませんでした。花笑の妄想にも楽しませてもらいました。

実は私、初めは田之倉くんは花笑に対しては遊びで最終的に裏切るんじゃないか、何か裏があるんじゃないかと思っていました。つき合ってもいないのに誕生日にサプライズしてくれたり、トントン拍子に事が運ばれていて、こんなイケメン男子はいるはずがない!と疑いの目しかありませんでした。

今思えば本当に田之倉くんに悪いことをしたなと思っています。それに、30歳まで恋愛経験がない花笑にそんなひどい仕打ちをするドラマなんて・・・可哀想すぎますよね。自分はどれだけ性格悪いのか、と最終回を見終わって思い、反省しました。

ストーリー的には花笑と田之倉くんが一般的なカップルと同じように山あり谷ありそれを乗り越えていくという至って普通な内容ではありましたが、花笑の妄想や、会社の同僚の恋模様等がやはりいいスパイスになっていたと思います。

またこのドラマを見終わっての感想としては、登場人物のキャラがとてもいい!!人として嫌な人が誰一人いなかったということですね。(ただし、田之倉くんの元カノを除く)瞳ちゃんも初めは意地悪な憎たらしい後輩なのかと思っていたけど、全くそんなことなくてかわいいらしい後輩というかんじだし、加々見くんも仕事ぶり見てなんだよこいつ、てなってたけど、なんだかんだ可愛らしいとこあったし、何と言っても大城くん!めちゃめちゃいい人ではないですか!!

花笑と田之倉くんが交際していると分かった辺りから彼がとてもいい人じゃない?と気付きはじめ、最終回では、まさかの花笑のこと好きだったのか!という。

彼の株が一番上がったんじゃないですかね。

大城くんも幸せになってほしいです。

朝尾さんも捨てがたかったんじゃないか?と個人的に思ったりしますけど。終わってしまえば花笑、とてもモテてたんじゃん、今まで気付かなかっただけでは!?と思ってしまうほどでした。

元カノが出てきて田之倉くんと花笑を引き離したときはイライラ・ムカムカしましたが、結局はお互いのためにいい方向に向かっていったし、登場人物はいい人ばかりだったし、あーよかったよかった、ちゃんちゃん!というかんじですね。